大 会 長 挨 拶

大会長 宮崎 泰 (つくば国際大学医療保健学部長)

第21回茨城県総合リハビテーションケア学会 術集については、 本学会 理事長の宮崎 泰を大会長に、 事務局長の渡邊 昌宏が実行 委員長となって委員会を開催しながら準備進め、 つくば国際大学キャンパスにおいて開催する運びとなりました。 大会テーマは「小児リハビリテーションの多職種連携」です。 基調講演としては、「小児リハビリテーションの変遷」をタイトルに、大会長がこれまでの小児リハビリテーションの流れについて講演します。教育講演として、茨城県リハビリテーション専門職協会会長の佐藤弘行先生に「地域に根差した活動及び連携 -リハビリテーションの視点から-」のタイトルで講演していただきます。 今回の学術集会では、ランチョンセミナ―を企画していません。その分だけゆとりのある学術大会になるようにしました. シンポジウム、演題発表もあります。小児領域に限らず日頃の臨床・教育・研究活動の成果を発表する良い機会だと思いますので、奮って応募してください。 本学会を通して、専門職として多職種連携のあり方についての情報を共有され、茨城県の保健・医療・福祉の発展に少しでも貢献していただければ幸いです。 多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。